<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

JAPAN JAM(ジャパン・ジャム)というフェスに行ってきました!(^^)

このフェスは、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキン・ジャパン・フェスティバル)から派生した「新しいフェス」というもので、出演するミュージシャンが、自分たちがセッションしたいと思うアーティストをゲストとして招いて、単独で出演するものとは一味違うステージが見られるとうものでした。

5月15日(土)・5月16日(日)の2日間、富士スピードウェイを会場にして行われました。

【公式サイト】
 http://japanjam.jp/


僕は2日目の16日(日)だけ見に行きました(^_^)

各アーティスト達のセッションの仕方も様々でしたが、大まかに二つのタイプがありました。
ひとつはほぼ単独出演と同じスタイルでステージを進行させ、数曲だけゲストを登場させてセッションするというタイプ。
もうひとつはガップリ四つに組んで、単独出演とは全く異なるステージを展開させるタイプがありました。


僕としてはこのフェスのコンセプトを最もよく理解し、まさにジャム・セッションとしてのステージを作り上げ、最高のフュージョン効果を生みだしていたのは、ZAZEN BOYSと山下 洋輔・坂田 明のステージだったと思います。一生に一度見られるかどうかといっても過言ではないくらいの、凄いステージを見せてくれました!


はなかなか面白い試みのフェスだったと思います(^_^)
また来年、さらに進化した形で開催しいて欲しいです!

f0044270_65345.jpg
f0044270_6532888.jpg
f0044270_6534618.jpg
f0044270_65447.jpg
f0044270_6542135.jpg
f0044270_6544392.jpg
f0044270_6545942.jpg
f0044270_6554263.jpg
f0044270_6555735.jpg
f0044270_6561588.jpg
f0044270_6563476.jpg
f0044270_6565365.jpg


追伸:
フェスは一日中曇りで、富士山は見えませんでした(^^;
行きの高速の富士川SAで富士山が見えました。
f0044270_6585222.jpg

[PR]
by susumu_matsumiya | 2010-05-16 23:30
昨日に続き、また登山となりました。
あこがれの修験道の聖地、出羽三山へ行ってきました。
鶴岡駅から羽黒山の麓までバスで行き、そこから本殿まで約2500段の石段を登りました。
f0044270_829192.jpg


途中にはかなり趣のある五重塔(国宝)が(^^)
f0044270_8302448.jpg


昨日の山寺もきつかったですが、こちらは更に長時間の登山となりました。
f0044270_8305323.jpg
f0044270_83189.jpg


1時間ほど登り続けて、ようやくたどり着きました。
f0044270_8321023.jpg


本殿は羽黒山、月山、湯殿山の三山を合わせてお参りできる神社になっていました。
f0044270_832565.jpg
f0044270_8331929.jpg


本殿周辺にはまだ雪が残っていました。
f0044270_8335314.jpg


お参りを済ませ、石段を下りましたが・・・
これが登り以上にきつかったです(>_<)




鶴岡の駅に向かう途中でバスを途中下車し、鶴岡市内を散策しました。
見応えのある教会がありました。
f0044270_8352536.jpg
f0044270_8354668.jpg
f0044270_836490.jpg


他に桜がキレイに咲いている神社を見つけ、
しばし散策をしました。
f0044270_8364138.jpg
f0044270_837520.jpg
f0044270_8372119.jpg
f0044270_8373643.jpg

[PR]
by susumu_matsumiya | 2010-05-04 23:30
ゴールデンウィークもまだまだ続きますので、せっかく東北に来たことだし、仙台近隣の観光地を巡って見ようと思い出かけました。
山寺・立石寺はこの地域の一大観光地らしく、電車はそこへ向かう人々でごった返していました。休日のローカル線に乗ったはずなのに、平日の通勤電車並の大混雑です。
しかし、現地を観光してみて、その美しい景色を見て、これは多くの人が訪れるのも当然かな、と納得でした。ちょうど桜も満開でお花見にも最適でした。
山の上に奥の院があって、そこを訪れるには急な石段を登る必要があります。沢山の人が登っていましたが、みんなヒーヒー言ってました。
それでも山の上からの景色は最高で、登る価値ありです!

f0044270_8214599.jpg
f0044270_822514.jpg
f0044270_8222843.jpg
f0044270_8224570.jpg
f0044270_8231836.jpg
f0044270_8261122.jpg
f0044270_8262580.jpg
f0044270_8264186.jpg

[PR]
by susumu_matsumiya | 2010-05-03 23:30
初日に引き続き、2日目のARABAKIもよい天気でした~
ただちょっと昨日よりも雲が多い感じで、もしかしたら?という不安がありましたが・・・
f0044270_656194.jpg





【THEATRE BROOK】 11:00~/BAN-ETSU
僕の大好きなバンドのひとつTHEATER BROOKのステージを見に行きました。このBAN-ETSUは今年からできたステージで、すごく気持ちのいい場所でした。ボーカルのタイジも、ステージから見える遠くの山々をしきりに見渡していました。
f0044270_6573911.jpg
立て続けにインストを数曲演奏したので、もしかして今日は歌わないつもり?との不安がよぎりましたが、ちゃんと歌ってくれました。確かな演奏力と存在感のある歌声。大満足のステージでした。
f0044270_6564932.jpg





【毛皮のマリーズ】 12:35~/ARAHABAKI
以前から気になるバンドだったのですが、これまでそのサウンドを聞かずにきていました。本日ここでどのようなバンドか、じっくり確かめようと思い来てみました。
なかなか面白いし、力強いし、熱い。これは一度じっくりチェックしてみたいバンドだと思いました。
f0044270_705233.jpg




【THIS TOWN NEEDS GUNS (UK)】 13:30~/HATAHATA
日本のバンドばかり見てきたので、ちょっと海外のバンドも見てみようと、ただそれだけの理由で見に行きました。完全に初見のバンドです。少々曲の展開が複雑な、単純なタテノリ系ではないサウンドでした。MC中には客席にTシャツをプレゼントとして投げ込んだりして、なかなかサービス精神の溢れた一面を見せてくれました。
このHATAHATAステージは、ステージ横と後ろに桜が咲いていて、彼らの演奏中に風が吹くと、華吹雪が舞う状態に。彼らも「Cherry blossom , pretty !」と感嘆していました。これで日本のことを気に入ってくれるといいですね。
f0044270_711857.jpg




【HEATWAVE】 14:15~/TSUGARU
このHEATWAVEの存在を知ったのは、もう20年近く前になるでしょうか。ソウル・フラワー・ユニオンで有名な「満月の夕」を、彼らなりの別バージョンで歌ったものがありまして、その曲がすごく気に入ったというのが、彼らとの出会いでした。その後バンドは不遇な時期もあったようですが・・・こうして今も続いていて、それを見られるというのは素敵なことだと思います。
昔と変わらない力強さと熱い思いが伝わる歌声。懐かしさと共に、やり続けることの大切さを教わったような気がしました。




【GO! GO! 7188】 15:10~/ARAHABAKI
COUNTDOWN JAPAN 09/10 で出会い、その後全てのアルバムをチェック。今ではすっかりファンになったバンドです。やはり大人気ですね~ものすごい人の数です。
曲が始まればそれは大盛り上がりでした。バンドもずっとニューアルバムのためにレコーディングを続けていたらしく、久しぶりのライブだと言っていました。バンドも客席も大爆発といった感じで、とても楽しいステージとなりました。
f0044270_715513.jpg




【勝手にしやがれ】 16:10~/BAN-ETSU
再びBAN-ETSUまで「遠征」です(^^;
昨年は、武藤 昭平の単独出演でしたが、今年はバンドを引き連れての出演です。
やはりこのバンドはカッコイイですね~武藤の存在感は圧倒的です。
f0044270_722244.jpg




【LÄ-PPISCH】 17:15~/HATAHATA
このバンドも懐かしい!THE BOOMと同じ「バンドブーム」時代からの生き残りです。でももう上田現はいないんですよね・・・それでもパワー溢れるステージは健在でした!とても楽しくて面白い音楽をこれからも続けていって欲しいです。
f0044270_725138.jpg




【BEGIN】 17:50~/TSUGARU
今回のARABAKIの最も見たかったステージです。BEGINが沖縄以外のフェスに参加するって、あまり聞いたことがないです。果たしてどんな感じになるか楽しみで来ました。
のっけから「島人ぬ宝」で、しかもBEGINのライブでは見られないタテノリ感です。比嘉さんも「こんなの初めて」と言っていました。
全体的に大盛り上がりで、とても楽しいステージでした。
f0044270_732398.jpg




【THE BACK HORN】 18:55~/ARAHABAKI
混みあわないうちに帰るため、端っこのARAHABAKIステージのTHE BACK HORNを見てからシャトルバス乗り場に向かう流れとしました。
普段はあまり聞かないのですが、このバンドも盛り上がり方が凄いです。最後に見るステージとしては最高なものだったと思います。




今年のARABAKIもとても面白かったです。何より天気が良くて最高でした!晴天であればこんなに気持ちのいい場所なんですね~
来年は一度キャンプにもトライしてみようかな、という気になりました。
f0044270_74024.jpg
f0044270_742026.jpg

[PR]
by susumu_matsumiya | 2010-05-02 23:30
今年も出かけました「ARABAKI ROC FEST」!

f0044270_6484524.jpg


昨年は雨に祟られ、散々な目に遭いましたが、今年は初日からいい天気で、風も心地よく、
気持ちのいいフェスとなりました。更に桜の開花の時期と重なって、会場内では美しく桜が咲き乱れていました。

f0044270_6491697.jpg
f0044270_6493138.jpg


【グッドラックヘイワ】 10:50~/TSUGARU
ピアノ・キーボードとドラムの2人だけという構成ながらも、観客を飽きさせることはありませんでした。音の厚さもあり変化に富んだサウンドで、素晴らしかったです。
f0044270_6511987.jpg




【サニーデイ・サービス】 11:45~/MICHINOKU
曽我部恵一はフェスで見たことあるのですが、このバンドとしては、ここで初めてライブを見ました。本当に「心地よい音楽」「懐かしい音楽」という感じでした。
f0044270_6514591.jpg




【カヒミ・カリィ】 14:15~/HATAHATA
いわゆる「渋谷系」の人だと思い好奇心で見に行ったのですが、いつの間にかアンビエント的な音楽をやる人に変わっていたようです。これはこれでいい音楽・・・というか、僕的にはこちらの感じのほうが圧倒的に好きですね(^-^)
エコキャンプみちのくの長閑な雰囲気にマッチした、響く鳥の声もその音楽に取り込んでしまうような・・・とても面白かったです。
f0044270_652747.jpg




【PE'Z】 15:10~/ARAHABAKI
ジャズ・インストのバンドって結構たくさんあって、それぞれ個性やカラーを打ち出すのは大変だろうな~って思うのですが、このバンドはスタイルもサウンドも攻撃的な感じがして、「チョイ悪」的な世界を目指しているのかなと思いました。
f0044270_6525795.jpg




【KING&PRINCE(YO-KING&堂島孝平)】 16:00~/TSUGARU
もちろん歌も良かったのですが、それ以上に二人のMCでの掛け合いが面白すぎました。歌いに来たというより、コンビでギター漫談をしに来たような勢いでした。




【エレファントカシマシ】 16:50~/MICHINOKU
宮本浩二、歌う姿の美しい男。エレカシの魅力はそこに尽きると思いますね。何かに憑依されているかのように、常人離れしたその存在感、その歌声。エレカシのライブはじっくりと「見なければ」いけません。
f0044270_6532555.jpg




【THE BOOM】 18:05~/MICHINOKU
5月に単独コンサートに行く予定なので、他のにしようかな~と思いましたが、やはり来てしまいました。このバンドのノリなら大丈夫だろうと思い、最前列エリアで見ました。コアなオールドファンもチラホラ・・・懐かし系を中心としたセットリストで、みんなで大盛り上がりでした。
f0044270_6535657.jpg




【10-FEET】 18:55~/ARAHABAKI
夕食に天ぷらそばを啜っていたら、横のARAHABAKIからパワフルなサウンドが聞こえてきました。タイムテーブルを見ると「10-FEET」というバンドでした。
物凄いツワモノという感じで、一度じっくりチェックしてみようと思いました。




【パスカルズ】 20:30~/TSUGARU
WEBでその存在だけは知っていて、一体どんな音楽なのだろうと興味津々で見に行きました。しかし人数が多いためか、音合わせに時間がかかり、20分遅れでスタートとなりました。まさにおもちゃ箱をひっくり返したような愉快なサウンドでした。結構海外のお客さんも見に来ていて、そのユニークさは国際レベルなんだな~と感じました。




1日目のARABAKIはこれにて終了です。すっかり冷え込んできて指先がしびれてきましたので、足早にシャトルバス乗り場に向かいました。それなりに並んではいましたが、そんなに時間もかからずバスに乗ることができました。
[PR]
by susumu_matsumiya | 2010-05-01 23:30