<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

四国88箇所を無事巡礼し終わりましたので、
そのお礼を述べに高野山へ向かいました。

「身は高野 心は東寺におさめをく」と申しまして、
お遍路の際、出発前は東寺を訪ね完了後は高野山奥の院を訪ねるのが定番です。


新幹線と地下鉄を乗りついて、大阪・難波に到着。
ここからは南海電鉄の「特急こうや」で高野山を目指します(^_^)

f0044270_20541721.jpg


街を通り過ぎ、どんどん山深い地へと電車は進みます。
トロッコみたいな列車じゃないと厳しいんじゃないか?!
みたいな場所まで「特急こうや」は進んでいきます。
さすがにスピードは出せないみたいで、ゆっくりと進みます。

1時間半ほどで高野山のふもとである「極楽橋」に到着。
さらにケーブルカーで登っていき「高野山」に到着。

f0044270_20543269.jpg


さすが山の上、雪が舞っていてとても寒い!(>_<)
しかしここは未だ高野山の中心からは離れた場所。
ここからさらにバスに乗って20分、奥の院前に到着しました。

f0044270_205539.jpg


どれほどの深山幽谷かなと思っていたのですが、結構開けた場所(^_^;
でも奥の院はここから20分ほど歩いた先にあります。

f0044270_2055218.jpg


おびただしい数の墓石や石塔の中を、奥の院目指して歩きます。
著名な歴史上の人物の墓碑が沢山ありました。


そしてついに、奥の院に到着です!(^o^)
長かった・・・

f0044270_20555898.jpg


ここから先は撮影禁止、脱帽です。
お堂の裏手へ回り込み、御廟の前に立ち、般若心経を唱えました。
厳かな雰囲気に身の引き締まる思いがしました。


そして納経所で納経朱印をいただきました。




帰りに金剛峯寺を見学しました。
大晦日だからか、人があまり居なくて少し寂しい感じでした。

f0044270_20562734.jpg


他は特に観光せず、地元への帰途につきました。




僕の四国88箇所巡礼、お遍路はこれで本当に終了です。
「ミッション」が完了した気がしました。

でもそれは、新しい何かが始まる契機です。



いずれの日にかもう一度
もう一度ともに旅をしよう


その言葉がリフレインとなって、僕の中で鳴り続けました。


いずれの日にか・・・
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-31 23:30
いよいよお遍路も最終日です。
ついにここまで来られたんだな~という感じです。


昨日たどり着けなかった志度寺を目指し、
琴電で志度駅へ移動、そこから徒歩でお寺へ移動しました。

f0044270_8151420.jpg





「補陀洛山 志度寺」
 ・四国八十八箇所86番
 ・ご本尊:十一面観音
 ・ご本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

本堂
f0044270_8181942.jpg


大師堂
f0044270_81951.jpg





志度寺でのお参りを済ませ、次の長尾寺を目指します。
今日まで晴天続きでしたが、よりによって最終日の今日、
雨にたたられました(>_<)

降りしきる雨の中、長尾寺に到着しました。

f0044270_821462.jpg





「補陀洛山 長尾寺」
 ・四国八十八箇所87番
 ・ご本尊:聖観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん あろりきゃ そわか

本堂
f0044270_8232486.jpg


大師堂
f0044270_8235132.jpg





長尾寺へのお参りを済ませ、
いよいよ結願のお寺である大窪寺を目指すわけですが、
いかんせん空が暗い(>_<)

山登りコースあるらしいのですが、大丈夫だろうか?

途中でお見かけしたメガネをかけたお地蔵様(^_^;
f0044270_8305387.jpg


…そして1時間ほど歩いて、大窪寺登山の玄関口となる前山お遍路館に到着。
しかし、年末のためお休み!(>o<)オーマイガー!

事前に登山コースについて確認する機会を失いました。

f0044270_8321360.jpg


この雨ですから素人の僕が未知の登山道を行くのは危険と判断し、自動車道を行くことにしました。

f0044270_8453581.jpg


しかし自動車道には歩道がありません。
交通量が少なかったので良かったですが、自動車が来ると結構危険な感じです。

歩きのお遍路さんは可能な限り、旧道のお遍路道を行くことをお勧めします。


大窪寺の手前5kmまで来たところで、
交通量の多い道から離れることができてひと安心しました(^_^)

途中からは自動車と歩きの遍路道が別々となり、
さらにいっそう安心して歩くことができました。

f0044270_8403458.jpg


大窪寺の手前で見かけた、遍路道保存協会の皆様が設置した道しるべです。
結願のお寺の手前にある最後の道しるべです。

f0044270_844725.jpg


この長い旅路の中、いったいどれほどこの道しるべに助けられたことでしょう。
本当に感謝して、感謝してもし足りないほどです。
心からありがとうございましたと申し上げたいです(TvT)感涙


そしてついに…到着しました。

f0044270_846285.jpg





「医王山 大窪寺」
 ・四国八十八箇所88番
 ・ご本尊:薬師如来
 ・ご本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_8492764.jpg


大師堂
f0044270_8482527.jpg


お参りをして納経を済ませ、88か所の巡礼が終了しました。
この後、1番の霊山寺を目指す「お礼参り」をする方もいらっしゃいますが、
僕はこの次、もう一度88か所を回ることで「お礼参り」とするつもりです。
今回は日程的にも難しいので、僕の今回のお遍路はこれで完了です(^o^)




山門を出ると、脇のお土産屋さんの方が葛湯をお接待してくれました。
ほのかな甘みとしょうがの風味でおいしかったです(^^)


さぬきコミュニティーバスで高松へ戻るのですが、小1時間ほど時間がありました。
体も冷え切っていたしお腹も空いていたので、
先ほどのお土産屋さんに併設していたうどん屋さんに入りました。

メニューをみて名物の「打ち込みうどん」を注文。
白みそベースの煮込みうどんで、スープに色々入っているようで、
コクがあってとても美味しいうどんでした!(^o^)

f0044270_8484345.jpg


しかし僕のこの1杯が最後だったようで、
後から入ってきたお客さんが注文しても「売り切れ」と言われていました。

食べていると、他のお客さんからの羨望のまなざしが…(^^;
皆さんの分も僕がしっかり味わいますからね~


やがてバスがやって来きました。
僕はバスに乗り、大窪寺を後にしました。


明日は高野山へ行きます。
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-30 23:30
昨日の遅れを取り戻すべく、張り切って早起きして一宮寺へ向かいました。
琴電に乗って一宮駅へ。そして歩いて一宮寺へ到着。

時間はまだ6時半を過ぎたくらいで、空は真っ暗(^_^;

それでもお参りしているうちに7時を過ぎて、お寺の方も動き出し、
他のお参りの方も見えるようになりました。
f0044270_20494729.jpg





「神毫山 一宮寺」
 ・四国八十八箇所83番
 ・ご本尊:聖観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん あろりきゃ そわか

本堂
f0044270_2050423.jpg

大師堂
f0044270_20501919.jpg




納経を済ませて、次の屋島寺を目指します。
一宮寺から13kmほどあるので、結構遠いです。

頑張りつつも道しるべを見失わないよう慎重に街中を歩きました。
分岐点では道しるべをしっかり確認することが大切です。

そして、分からない時は人に道を尋ねましょう。

そうこうしている内に屋島寺へ至る山道の手前に到着しました。
f0044270_20513335.jpg

登りはじめるとハンパない急斜面です。
道路標識には「斜度22%」の表示が(^^;
f0044270_20521525.jpg

急坂ですが石畳や階段が整備されていて、きれいなハイキングコースとなっています。
f0044270_2052324.jpg
f0044270_20533264.jpg

実際、リュックも何も身に付けていない普段着の方々が歩いています。
小さい子どもを連れた親子もたくさんいました。

近隣の人々にとっては「散歩道」くらいのノリかもしれませんね(^o^;

そんなハイキングコースを30分ほど登って屋島寺に到着しました。
f0044270_20543757.jpg




「南面山 屋島寺」
 ・四国八十八箇所84番
 ・ご本尊:十一面千手観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん ばさら たらま きりく

本堂
f0044270_20563631.jpg

大師堂
f0044270_2056508.jpg


山の上だけあって、展望はすごく良いです(^^)
こういうのを見ると疲れも吹き飛びますね。
f0044270_20574992.jpg
f0044270_20575675.jpg




次の八栗寺へは、先ほど登ったハイキングコースを戻るルートもありますが、
別のルートを行く旧遍路道もあります。

やはり同じ道よりは違う道を行く方が楽しいだろう、
と考えるタイプの僕は旧道を行くことを選択しました。

旧道は行きに登ったハイキングコースとは違い、未整備の箇所が多いです。
それでいて同じだけの急斜面を下っていくわけですから、かなり大変です(>_<)
f0044270_2059037.jpg
f0044270_211355.jpg

やっと集落にたどり着き、自分が下りて来た山を見上げました。
あんなところから下って来たのか・・・(^^;
f0044270_2111691.jpg


その後しばらく街中を歩き、八栗寺へ至るケーブルカーの駅に到着しました。
ケーブルカーがあるってことは・・・

また登山するということです(>o<)オーマイガー!
f0044270_214079.jpg

しかしケーブルカーを見てみると、山頂側の駅が見えるくらいの距離です。
先ほどの屋島寺よりは登りやすそう。
f0044270_2143156.jpg

気合を入れて登り始めると、
坂道の横の民家の方にお茶でもいかがと声を掛けていただき、
お茶と和菓子、そしてミカンのお接待をいただきました(^_^)

お接待のお礼を言って、再び山道を登りました。
それほど時間のかからない内に八栗寺に到着しました。
f0044270_2153858.jpg




「五剣山 八栗寺」
 ・四国八十八箇所85番
 ・ご本尊:聖観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん あろりきゃ そわか

本堂
f0044270_2165424.jpg

大師堂
f0044270_217436.jpg


お寺の背後にそびえる五剣山。
登山禁止ですが、奥の院があります。
f0044270_21115991.jpg

見事な仏塔もありました(^_^)
f0044270_21124128.jpg




納経を済ませて、次の志度寺へ向かいました。
しかし残念ながらお参りの時間に間に合いませんでした。

志度寺をお参りして、その次の長尾寺まで行くつもりでしたが・・・
明日以降のスケジュールは大丈夫か?!(@_@)

それは明日にならなければ分からない。




志度の駅からホテルに戻ることにしましたが、
ここはJRと琴電の駅が並列して存在しています。

どちらにも乗れますし、
ホテル最寄である琴電の「瓦町」駅へ行くには琴電を利用する方がいいのですが、
あえてJRに乗って高松駅を目指しました。

何故ならば高松駅内にある「連絡船うどん」を食べたかったからです(^_^)

以前、遍路中に出会った他の遍路さんから「連絡船うどん」の話を聞いて、
是非食べてみたかったうどんです。
f0044270_2113513.jpg

かつて瀬戸大橋等が無かった頃、四国へ渡るには連絡船に乗る必要がありました。
その船内でうどんが売られていたのですが、とても美味しかったとの話です。

橋がかかって連絡船がその役目を終えた時、
船内のうどん屋さんは高松駅に店を移したとのことで、
今でもその味を楽しむことができるとのことです。

僕はじゃこ天を乗せた、冷たいぶっかけうどんを注文しました。
食べてみると、美味しいけれど普通のうどんでした。
f0044270_21143444.jpg

連絡船の船内で食べた方は、やはり船の上という特別感があったのでしょうね(^_^)
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-29 23:30
寝不足のせいもあってか、昨夜は超爆睡でした(^_^;

琴電とJRを乗りついで「国分」駅に到着。
駅から国分寺は300mほどで、すぐに到着しました。
f0044270_2324356.jpg





「白牛山 国分寺」
 ・四国八十八箇所80番
 ・ご本尊:千手観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん ばさら たらま きりく

本堂
f0044270_23245662.jpg

大師堂
f0044270_232568.jpg


お参りを済ませ、納経をしてもらおうと受付に行くと誰も居ない!
代わりに猫が留守番していました(^^;
f0044270_23251959.jpg


10分ほど待つと、納経所の方が戻ってきましたので納経を済ませました。




さて、これから次の白峯寺を目指すわけですが、
白峯寺は目の前の山の上にあります。
これからこれを登って行く訳です(^_^;
f0044270_23262960.jpg


予想通り、白峯寺への登山道は大変なものでした。
f0044270_23264544.jpg

汗をダラダラ流しながら登っていると、途中で地元の方に出会いました。
毎日この道を散歩しているそうで、カボチャの種で小鳥に餌付けしていました。
その方の掌から直に野鳥が種をついばんでいきます。
すごい!なんだか疲れも吹き飛ぶような微笑ましい光景でした(^o^)
f0044270_23272888.jpg

山道は途中から舗装道路に接続するので、その道を歩いて白峯寺を目指します。
途中で風景が開けた場所に出た時に、瀬戸大橋を見ることができました。
f0044270_23281969.jpg


それから程なくして白峯寺に到着しました。
f0044270_23284727.jpg





「綾松山 白峯寺」
 ・四国八十八箇所81番
 ・ご本尊:千手観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん ばさら たらま きりく

本堂
f0044270_23291662.jpg

大師堂
f0044270_23292888.jpg





白峯寺の次は根香寺を目指します。
同じ山の上にあるお寺で、遍路道は全て山の中です。
f0044270_23301141.jpg

f0044270_23301456.jpg
途中で何人かハイカーの方とすれ違いました。
この辺りでメジャーなハイキングコースなのでしょうか?(^_^)


1時間ほど歩いて根香寺に到着しました。
f0044270_23302237.jpg





「青峰山 根香寺」
 ・四国八十八箇所82番
 ・ご本尊:千手観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん ばさら たらま きりく そわか

本堂(外)
f0044270_23321121.jpg

本堂(内)
f0044270_23322497.jpg


大師堂の写真を撮り忘れました(^^;

境内には長い石段がありました。
f0044270_23324261.jpg





さて、大変なことになったのはこの後です。
根香寺からのお遍路道は、400mほど来た道を戻って左折、
JR鬼無駅の近くを通っていく道です。

山門を出て右へ行くとその道なのですが、
ふと左に目をやると、そちらにも遍路シールらしきものが・・・

近づいてみると確かに遍路道としての案内がありました。

こちらからも行けるなら戻るより面白いかもしれないと考え、
そちらのルートを歩き始めました。

途中まではちゃんとした案内があったのですが、
進むにつれておぼろげな案内となっていき、ついには見失いました(>_<)

道しるべを全く発見できないまま歩き続け、完全に道に迷ってしまいました。
とりあえず幹線道路を探して出てみたところ、
ラッキーなことに自動車遍路さん向けの、一宮寺への道案内を見つけました。

一宮寺への歩き遍路コースは11kmほどですが、
そこで見つけた道案内の看板には一宮寺まで13kmとの表示が・・・


散々迷って歩いた挙句、更に距離が遠くなっている(ToT)とほほ~
f0044270_23335017.jpg

・・・それもまた修行じゃよ。


結局、大幅なタイムロスによって一宮寺のお参りの時間に間に合いませんでした。
一宮寺で納経を済ませ、そのまま高松市内へ歩く予定でしたが・・・

明日以降で取り戻すしかありません(^^;
琴電で瓦町まで行き、ホテルに戻りました。
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-28 23:30
今回のお遍路は善通寺へのお参りからスタートです(^-^)
お大師様とゆかりの深いお寺さんから出発できるのは、幸先が良い感じです。




今回は地元から夜行の高速バスを使って高松入りしました。
慣れていないせいか、軽く1時間程度しか眠ることが出来ませんでした(>_<)

高松からはJRを使い最寄の「善通寺」駅へ。
善通寺目指して1.5kmほど歩きました。
f0044270_22383436.jpg





「屏風浦五岳山 善通寺」
 ・四国八十八箇所75番
 ・ご本尊:薬師如来
 ・ご本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_22395065.jpg

大師堂
f0044270_2240672.jpg


朝早すぎたせいか、お遍路さんの「聖地」であるお寺にも関わらず閑散としていました。
インドのワーラーナシーみたいな雰囲気を期待してたのですが・・・(^^;

f0044270_22433167.jpg





善通寺を後にして、金倉寺を目指しました。

睡眠不足のせいか頭がクラクラ・・・(X_X)
力をセーブしつつ、ゆっくり目の速度で歩くことにしました。

無理をせずいける所まで行ってみよう。


・・・1時間ほど歩いて金倉寺へ到着しました。
f0044270_22442661.jpg





「鶏足山 金倉寺」
 ・四国八十八箇所76番
 ・ご本尊:薬師如来
 ・ご本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_22444786.jpg

大師堂
f0044270_2245012.jpg





金倉寺へのお参りを済ませ、次の道隆寺を目指します。
途中で地元の方に道隆寺まで車で送ろうか?とのお接待をいただきましたが、
歩き通したいとお伝えし、お気持ちだけいただき丁重にお断り申し上げました。


1時間弱で道隆寺へたどり着きました。
f0044270_2245474.jpg





「桑多山 道隆寺」
 ・四国八十八箇所77番
 ・ご本尊:薬師如来
 ・ご本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_22455477.jpg

大師堂
f0044270_2247155.jpg




道隆寺の次は郷照寺です。

丸亀市の長い商店街を通り抜け、丸亀城を横に見ながら歩いていると、
寝不足のためにどうにも眠くなってきました(>_<)

折りよく遍路小屋を見つけましたので、ベンチで横になり少し睡眠をとりました。
遍路小屋ってありがたい。
設置したり保守したりしてくれている皆様に感謝です(^^)

・・・30分ほど眠ったでしょうか?
頭もハッキリして、気分も良くなりました(^o^)

張り切って再び歩き始め、13時ごろに郷照寺へ到着しました。
f0044270_22474821.jpg





「仏光山 郷照寺」
 ・四国八十八箇所78番
 ・ご本尊:阿弥陀如来
 ・ご本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

本堂
f0044270_2248659.jpg

大師堂
f0044270_22482069.jpg




郷照寺へのお参りを済ませ、次の天皇寺(高照院)を目指します。
坂出の街を抜けると、風景は少しずつのどかなものになっていきました(^-^)

天皇寺(高照院)は小高い丘の上にあり、ゆるやかな坂道を登っていきます。
f0044270_22491710.jpg





「金華山 天皇寺(高照院)」
 ・四国八十八箇所79番
 ・ご本尊:十一面観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

本堂
f0044270_22493781.jpg

大師堂
f0044270_22495262.jpg


納経をしていただいていると、お坊さんの集団がいらっしゃいました。
20名くらいいらっしゃったと思います。
そのお坊さん達がお経を唱えられたのですが、とても圧巻でした!(@o@)

やはり格が違う・・・という感じでしょうか?(^_^;




時刻は16時を回っていました。
恐らくこれから国分寺を目指しても、お参りの時間に間に合わないでしょう。
しかし明日以降の行程を楽にするためにも、たどり着いておくべきと考え出発しました。

途中で出会ったヤギ!
もの凄い形相で生垣を食いまくっていました(^^;
f0044270_2252433.jpg


夕暮れ迫る頃、国分寺への最寄り駅である「国分」に到着しました。
f0044270_22523361.jpg


とりあえず今日はここまでとし、JRで高松へ行きタクシーでホテルに行きました。

今回は琴平電鉄の「瓦町」という駅近くの「高松シティホテル」に、
最終日まで連泊の予定です。
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-27 23:30
昨日と同じく早朝から出発しました。
昨夜フロントにいた女性は今朝はおらず・・・(;;)
あの可愛らしい笑顔で送り出して欲しかったのですが(^o^;




伊予三島駅から電車に乗り、観音寺駅に到着しました。
f0044270_23185658.jpg

雲行きが怪しいですが、雨は夜のうちに上がって本日は回復するとの天気予報。
とにかく降りさえしなければOKです。

駅から1.5kmほど歩いて、神恵院と観音寺に到着しました。
ここは2つの札所が隣り合っているという珍しい場所です。
f0044270_23241071.jpg
f0044270_23242023.jpg





「琴弾山 神恵院」
 ・四国八十八箇所68番
 ・ご本尊:阿弥陀如来
 ・ご本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

本堂
f0044270_23271054.jpg

大師堂
f0044270_23273119.jpg





「七宝山 観音寺」
 ・四国八十八箇所69番
 ・ご本尊:聖観世音菩薩
 ・本尊真言:おん あろりきゃ そわか

本堂
f0044270_2330693.jpg

大師堂
f0044270_23302281.jpg





2寺にお参りを済ませ、次なる本山寺を目指します。
5kmほどを1時間程度歩いて到着しました。
f0044270_23393586.jpg





「七宝山 本山寺」
 ・四国八十八箇所70番
 ・ご本尊:馬頭観音菩薩
 ・尊真言:おん あみりと どはんば うん はった そわか

本堂
f0044270_2342141.jpg

大師堂
f0044270_23431989.jpg


このお寺の本堂は国宝に指定されています。
f0044270_23465652.jpg

立派な五重塔もあります。
f0044270_23473421.jpg





お参りを済ませ、次の弥谷寺を目指します。
距離にして12kmほど。3時間程度の徒歩となります。
f0044270_23505877.jpg

歩いていると、少しずつ空に青さが広がってきました。
もう雨の心配はなさそうです(^_^)
f0044270_23533838.jpg





お昼近くなりお腹が空いてきました。
もう香川県に入っているので、讃岐うどんの本場です。

うどんは僕の大好物。
これからはお寺巡りもさることながら、
うどん巡りも堪能しなければなりません。

国道を歩いていると、結構車の出入りが頻繁なうどん屋さんを発見。
これはいけそうな気がしたので、早速店内へ。
地元の人らしき方々で満員状態となっています(^^)

メニューを見て、「肉うどん」を注文しました。
f0044270_23585120.jpg

うどんの弾力もばっちり、だしの味も申し分ない。
肉の味付けも上等なすき焼き風といった感じで、とても美味しいうどんでした!

支払いをしようとすると、
店の方が「歩きのお遍路さんですね、お接待させてもらいます。」と、
なんとうどんをごちそうしてくださいました!(T▽T)感涙

お遍路さんはこうした地元の人々のご厚意で支えられているのです、ね・・・

素晴らしい気分で歩いていると、空はますます晴れ渡ってきました。
とても清々しい道行きとなりました。
f0044270_062196.jpg
「ハト」に見える道路標識 ↑ (^^;


そして、弥谷寺に到着しました。
と、喜んだのもつかの間。
苦行はここから始まるのでした・・・(X_X)
f0044270_0132018.jpg

山門に着くまでにも結構な坂道を登ってきたのですが、
門をくぐって後の階段が長いこと長いこと。
本堂にたどり着くころにはすっかりヘトヘトになってしまいました(^^;
f0044270_0191545.jpg
どんだけ石段あんねん! ↑
f0044270_021122.jpg
階段落ちごっこしたら命はないよ! ↑
f0044270_0214215.jpg
おいおい、こりゃ何の冗談だ? ↑
f0044270_0235013.jpg
こんだけ登りゃ景色もいいだろうさ! ↑




「剣五山 弥谷寺」
 ・四国八十八箇所71番
 ・ご本尊:千手観音
 ・ご本尊真言:おん ばさら たらま きりく

本堂
f0044270_0271035.jpg

大師堂(室内)
f0044270_0272928.jpg


境内には立派な仏塔が。
登って見に行く気力はついえていましたが(^^;
f0044270_0312170.jpg

紅葉を愛でる仏様。
f0044270_0323179.jpg





上り続けた階段を、今度は下りてゆく。
膝を痛めていてるのでかなりツライ(>_<)

次の曼荼羅寺までは3.5km。
しばらくは山中のお遍路道を行く道中となりました。
f0044270_23201113.jpg

1時間ほど歩いて曼荼羅寺に到着しました。
f0044270_23222239.jpg





「我拝師山 曼荼羅寺」
 ・四国八十八箇所72番
 ・ご本尊:大日如来
 ・ご本尊真言:おん あびらうんけん ばさらだどばん

本堂
f0044270_23243686.jpg

大師堂
f0044270_2324571.jpg





次の出釈迦寺まではわずか500m程。
しかし急な坂道を登る必要があり、チョット大変(^^;

町を見守るようにお大師様のお像が・・・
f0044270_2330147.jpg

そして息を切らして10分ほど、出釈迦寺に到着しました。
f0044270_23334972.jpg





「我拝師山 出釈迦寺」
 ・四国八十八箇所73番
 ・ご本尊 :釈迦如来
 ・ご本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_23364661.jpg

大師堂
f0044270_23371474.jpg





お参りを済ませ本日最後のお寺、甲山寺を目指します。
この時点ですでに4時を過ぎていましたので、
次のお寺を5時までにお参りできるか微妙なところです。

ここは急いで歩かねば!

・・・としゃかりきに歩いていると、目の前の空に虹が・・・
f0044270_23434533.jpg

時間に囚われて視野狭窄になっていた自分に、
余裕を持って生きないと大切なことを見逃してしまうよ、という
お大師様からのメッセージのように思えました。

30分ほど歩いて甲山寺に到着しました。
f0044270_23513155.jpg





「医王山 甲山寺」
 ・四国八十八箇所74番
 ・ご本尊:薬師如来
 ・ご本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_2352505.jpg

大師堂
f0044270_2353476.jpg





なんとか5時までにお参りを済ませることができました(^_^)

この後、善通寺まで移動。
しかし5時半を過ぎており、お参りの時間に間に合いませんでした。

そのままJRの善通寺駅へ移動、電車に乗って地元へ帰りました。
f0044270_2358173.jpg

次回のお遍路は善通寺から。
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-14 23:30
今年中に結願を目標として、四国に行ってきました。
あとは年末に行って88か所コンプリートの予定です(^^)




前回、三角寺をお参りして山を下り、「三角寺口」というバス停まで歩きました。
今回はその続きからです。

前日12日の夜に電車で伊予三島に到着して1泊、
6:14発のバスで「三角寺口」を目指します。

同じバスに乗るという、兵庫からいらしたお遍路さんと出会いました。
その方は逆打ちで、今日は三角寺を目指すとのお話。
お遍路も3度目とのことで、大先輩でした(^o^)

昨日、僕がこれから目指す雲辺寺に行かれたとのことで、
所々に残雪があって、滑り止めにムシロが敷いてあったそうです。
寒そう!!(>_<)

30分ほどバスに乗って「三角寺口」に到着しました。
兵庫の方は反対方向へ向かうので、ここでお別れです。
お互いの健闘を祈ってそれぞれの道へ・・・




未だ明けやらぬ山道を、まずは「椿堂」を目指して歩きます。
f0044270_21211084.jpg


およそ4kmほど、1時間くらいで「椿堂」に到着しました。
朝早いためか、人の気配がありませんでした。
立ち止まると寒いので、先を急ぎました(^^;
f0044270_2146777.jpg


峠道に差し掛かると、警備員の方が道路片側通行止めの作業をしていました。
その横を過ぎようとすると、この先のトンネル内で工事をしていて、
空気が大変汚れているのでどうぞ、とマスクをいただきました。

トンネルに入ると、まだ本格的な工事の前でしたが、
排気ガス臭かったので、マスクがとても役に立ちました。
警備員の方に感謝です!(^o^)
f0044270_21385027.jpg



トンネルを抜けるとそこは霧の中でした。
目の前が白くなった。

・・・とまで言うとオーバーですが、結構ガスが出ていました。
やはり山の中なのだな、と感じました。
f0044270_2144106.jpg
f0044270_21442493.jpg

しかし雲辺寺の遍路道入口に到着するころには、空もすっかり晴れ上がりました。
陽気な案山子がお出迎えしてくれました(^^)
f0044270_21515263.jpg





さて、ここからが今回のお遍路の最大の難所、雲辺寺登山となります。
何しろ標高900m以上の高地に建っており、
88か所のうちで最高峰にあるお寺なのです(@_@)

未舗装の遍路道はとても急角度で、落ち葉がいっぱいで足元も滑りやすい。
冬の寒さにもかかわらず、すぐに汗まみれになりました。
f0044270_215789.jpg

息を切らしながら30分ほど登ると、いきなり開けた場所にでました。
その後は舗装されたなだらかな道がお寺まで続きました。
f0044270_2204029.jpg

1時間ほど歩いて、すんなりとお寺に到着してしまいました。
かなりの覚悟で来ていただけに、ちょと拍子ぬけでした(^_^;

※あくまでも僕の感想です。体力には個人差がありますので、全ての人にとって楽チンな道であるとは限りません。事前の準備と十分な時間をもって登ることが大切と思います。
f0044270_2254474.jpg





「巨鼈山 雲辺寺」
 ・四国八十八箇所66番
 ・ご本尊:千手観世音菩薩
 ・ご本尊真言:おん ばさら たらま きりく

仮本堂(本堂改築中)
f0044270_22131890.jpg

大師堂
f0044270_22135644.jpg





雲辺寺にはロープウエイがあり、観光客はそちらを使って登ってきます。
どんなものかちょっと見に行ってみました。

売店があったので糖分補給用にチョコレートを買うと、
ロープウエイ兼売店を管理されている方に、お茶をごちそうになりました(^^)

お話をすると、つい1週間ほど前この山頂は-6℃まで下がったとのこと。
週明け15日からはスキー場もオープンするとのことでした。
f0044270_22225630.jpg





さて、雲辺寺を後にして大興寺を目指します。
雲辺寺から出たすぐの道にはたくさんの石像がありました。
なかなか面白い表情のものがたくさんありましたよ!(^o^)
f0044270_22304123.jpg

f0044270_22311710.jpg

f0044270_22313268.jpg


大興寺へ向かう道は下りの山道。
f0044270_2241388.jpg

下り道は登りよりも筋肉は楽なのですが、爪先や膝に負担がかかります。
1時間も下っていると、足が痛くなってしまいました(>_<)

山中のベンチで一休みしていると、
下から山道を登ってくる方と出会いました。
その方もそこで休憩され、色々とお話をうかがいました。

大阪からいらしたその方は、何とすでに30回以上お遍路に来ているそうで、
一部の住職さんの間では有名人になっているそうです(^o^;

大阪から近いので、高野山にはすでに200回以上行かれたとのこと。
・・・すごい人がいるものですね~

そしてその方は山を登って行かれ、僕は山を下って行きました。


しばらくすると山道は終わり、舗装された道に出ました。
ちょっと膝が痛かったので、ホッとしました。
f0044270_2243276.jpg

その後は舗装された道を、ただ次を目指して歩くという感じになりました。
2時間ほど歩いて大興寺に到着しました。
f0044270_22481717.jpg





「小松尾山 大興寺(小松尾寺)」
 ・四国八十八箇所67番
 ・ご本尊:薬師如来
 ・本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

本堂
f0044270_2252578.jpg

大師堂
f0044270_22524527.jpg


まだ紅葉も残っていました(^^)
f0044270_22551331.jpg





その後市内の道を、JRの観音寺駅を目指して2時間ほど歩きました。
今日はここまで。
電車で昨日泊まったホテルへ戻りました。

ホテルに戻ると可愛い笑顔の女性がフロントで出迎えてくれました。
ヘトヘトの体に何よりの癒しでしたね(^^)

三島第一ホテル
 電話:(0896)23-2011
 1泊シングル・素泊まり6,300円(インターネット予約6,000円)
[PR]
by susumu_matsumiya | 2008-12-13 21:00